インプラントで戻る自分の歯|矯正歯科で美しい並びの歯を

歯科医院

新しいインプラント治療

女性患者

京都エリアの歯科医院では、現在新しいインプラント治療が行なわれている歯科医院があります。近年、京都エリアの歯科医院でインプラント治療と聞くとある程度想像はつくようになったほど、浸透してきた治療法ではないでしょうか。今までのインプラント治療だと、問診やカウンセリングから始まり施術のスタートである、1回目のボルトを埋め込む手術が行なわれます。その後、ボルトが骨と定着する3ヶ月から6ヶ月の間時間をおいて再度手術を行ないます。2回目の手術は、埋め込んだインプラントの頭をだし連結部分を装着する手術を行ないます。連結部分を装着する手術から、1週間から6週間後に歯茎の腫れがない場合に人工の歯を被せる作業を行ないます。インプラント治療は、このように少し時間の掛かる治療です。また、歯茎を切開するため億劫になる人も少くはないでしょう。ですが、現在新しいインプラント治療の1つとして歯茎を切開しなくてもインプラント治療が可能になってきました。

京都エリアの歯科医院でも導入しているところは、非常に少ないですがこの医療機器を使うことによって切らずにインプラント治療を行なうことができるのです。特殊な器械を使い、専用のマウスピース様なものを設計します。その設計を元に、海外の製造メーカーへと依頼するのです。そのマウスピースが届いて、外的手術を行ないます。コンピューターで、しっかりと計算され設計されたマウスピースを使いながらインプラントを埋め込み骨と癒着させる手術を行ないます。切るインプラント治療と違い、こちらは切らないので歯茎や歯肉が腫れにくいのです。そのため、その日で仮歯を嵌めて噛み合せの調整などを行なうこともできるのです。京都エリアの歯科医院に、導入されている数はまだまだ少ないですが、将来的に新しいインプラント治療として広まると期待されています。